​すかやの着物

%E8%8F%8A_edited.png
名称未設定-6.png

「人生を彩る日本の伝統」

名称未設定-6.png

今見直されつつある日本の伝統。

着物は高価で高級であればいいというわけではなく、

お召しになる方の人柄や、品格を表します。

染織の技術や素材を知り尽くしたすかやならではの 審美眼で選び抜いた着物と帯は、

永年の愛着に堪え、お召しになる方の魅力を 内面から引き立てる作品を厳選しています。

品と格で選ぶなら、ぜひすかやの着物を一度ご覧下さい。

名称未設定-6.png
%E8%8F%8A_edited.png
%E8%8F%8A_edited.png
スクリーンショット 2021-01-14 2.15.33.png
 

黒留袖・色留袖(京友禅)

黒留袖

009.jpg

色留袖

色留袖は、未婚、既婚を問わずに着られます。

黒留袖と同じく裾まわりにのみ絵羽模様が広がります。

五つ紋を付けて比翼仕立てにすれば、留袖と同格の装いで礼装になりますが、最近ではあえて三つ紋、一つ紋にして準礼装にすることも多くなりました。

006img.jpg

黒留袖は結婚式や披露宴で仲人夫婦や新郎新婦の母親、

既婚の姉妹等、新郎新婦に近い関係者(三親等以内)

が着る、既婚女性の礼装です。
裾まわりには絵羽模様が広がり、五か所に家紋をいれます。帯は金、銀、白をベースに吉祥文様や有職文様を織り出した、重厚感のある袋帯をあわせます。

小物は金、銀、白の礼装用を合わせ、半衿、長襦袢、

足袋は必ず白にします。

008.jpg

​京友禅

元禄時代の扇絵師、宮崎友禅斎に由来すると言われます。

隣り合う色が混じり合わないように、糸目糊を用いて

防染し、多彩な模様を書き染めます。金銀箔や刺繍などの加飾も用いられます。
たくさんの製作工程がありますが染匠というプロデューサーのもとで、各工程ごとの専門職が分業制で仕上げるのも特徴です。

振袖

08_0058.jpg

未婚女性の第一礼装でもある振袖は、成人式だけでなく、卒業式、謝恩会、結婚式、お正月に大活躍します。

すかやでは常時、多彩な振袖とバリエーション豊かな 小物類を取りそろえております。

訪問着(京友禅・無線友禅)

華やかさと品格を併せ持つ訪問着は、留袖の次に格があります。

白生地をいちど仕立ててから模様の位置を決め、糸を解き染めなどの加工を施します。

仕立てあがると、裁ち目をまたがり模様がつながる「絵羽模様」になるのが特徴です。

結婚式などの改まった場面では、重厚感のある袋帯に金、銀、白の小物を合わせて格調高く装います。その他、お宮参り、七五三、入学式、卒業式等節目の祝着として装います。

007.jpg
006-1.jpg
007img.jpg

無線友禅

糊糸目を使わずに生地に直接絵筆で絵柄を描き、彩色する技法。
糸目糊による防染ができないので淡くにじんだようなソフトな
表現になります。

​附下 (つけさげ)

​附下は、反物の状態で、着た時に模様がすべて上を向くように描いたものです。
訪問着と見た目はよく似ていますが、もともとは、裁ち目に柄が渡らない柄行だったため、

附下は訪問着より簡単なものとされていましたが、現在では訪問着とさほど変わらないものもあります。
 

格調高く装うには

吉祥模様や華やかな柄付けのものはフォーマルな装いになるので、格調高い袋帯を合わせます。
豪華な袋帯を合わせると良いでしょう。錦織や佐賀錦、唐織、つづれ織りの袋帯などはぴったりです。

カジュアルに装うには

すっきりとした柄付けの軽めの附下は街着として着用でき、帯も織り名古屋帯から、おしゃれ袋帯、染め帯等いろいろと楽しめます。

007-1.jpg
008-1.jpg
009-1.jpg
010-1.jpg
013.jpg
014.jpg

フォーマル帯

着物の品格をより引き立てるフォーマルな帯を厳選して取り揃えております。

006.jpg
011.jpg
010.jpg

​御山杉染め

すかやオリジナル

500年以上の神宮の杜で生まれ育った杉「御山杉(みやますぎ)」。
私どもすかや呉服店は、この希有な御山杉を下染めの原料として染める「御山杉染め」のお着物・帯を誂えさせていただきました。

<帯>
この御山杉の染料を、帯の織り糸の下染めに使用し、こだわりの配色にて染め上げ、桝屋高尾の「針ねん金綴錦」の技法にて織り上げました。お客様のお好みにて2柄、4配色の中からご選品いただき、お仕立てさせていただきます。また、裏面も同素材にて金銀段ぼかし織となっているため、両面表(リバーシブル)としてご愛用いただけます。

<着物/反物>

絹100%の厳選しました生地に、こだわりの配色にて染め上あげました。お好みの品をご選品いただき、お客様のご指定サイズにてお仕立てさせていただきます。 帯合わせにより、フォーマルからカジュアルまで幅広くご愛用いただけます。

 

紬(つむぎ)

織りの着物の代表格で、全国各地で生産されています。代表的な紬として、日本三大紬と称される、大島・結城・塩沢があります。生産地によって風合いが異なり、一反を織り上げるために、気の遠くなるような手作業が繰り返されます。日常着からおしゃれ着まで、素朴な色柄が魅力の着物です。

​小紋

011-1.jpg

小紋とは、着物全体に同じ柄が上下関係無しに繰り返し描かれている着物です。多くの小紋は「型染め」という柄の型を使って絵柄を染め上げていく技法で作られています。街への気軽なお出かけや友人との食事等、カジュアルに楽しめ、お茶会やパーティーなどの華やかな場からコンサートや観劇まで幅広く着用できます。帯も織りの名古屋帯から、おしゃれ袋帯、染め帯等いろいろと楽しめます。

小紋の中でも、江戸小紋は紋を一つ付けることで他の小紋よりも格が非常に高くなり、一つ紋付の色無地と同格の略礼装着として結婚式に着ていくこともできます。

おしゃれ帯(袋帯・名古屋帯)

004.jpg
005.jpg
012.jpg

伊勢型もめん

すかやオリジナル

「伊勢木綿」の白生地を使用し、「伊勢型紙」にすかや呉服店オリジナルの自由なデザインを施し本染め(注染)で仕上げた「伊勢型もめん」。手ぬぐい、がまぐち、ポーチなど可愛らしい小物を取り揃えております。